IMG_6101お出かけできないみなさまの慰めになれば・・・、とお届けすることにした「行ったつもりツアー」。

DD(ダイアモンドダスト)が春に行うB.C(バックカントリー)ツアーの、過去数年分の写真を引っ張り出してきて編集してみました。

先が見えない不安とストレスを抱えていらっしゃるみなさんの息抜きになれば幸いです。




IMG_6112「行ったつもりツアー」その③は、糸魚川にある シャルマン火打スキー場から行く「放山」(はなれやま)です。
シャルマン火打スキー場は “ 豪雪・非圧雪主義 ” をうたう個性派スキー場。DDでは2月にパウダーツアーを行うか、4月初めにステップソールスキーでツアーを行っています。

※ステップソールスキー=テレマークスキーの一種。滑走面がクロスカントリースキーのようなウロコ状になっていて、滑ることはもちろん登ることもできるスキーです。

登って滑ってがシールの着脱に時間を取られずにできるので、春のツアーには大活躍します。

IMGP7682放山(標高1189m)は百名山の妙高山や火打山がある頚城山塊(くびきさんかい)に含まれます。火打山から空沢山を経て日本海に向かって伸びる尾根上にあるピークです。

スキー場トップからまずはブナの森を行きます。なかなか気持ちの良い森です。ところどころ急斜面あり。





IMG_612930分くらいすると立派なブナの森がだんだんと疎林になっていき、こんな斜面が現れ始めます。

気持ちよさそうなシュプールを見ると、
「もう山頂なんていいからここ滑ろうかな~」
という後先考えない欲求にかられます。
誘惑をぐっとこらえて山頂に向けて前進を続けます。





IMG_6138ブナの森を抜けるといよいよ気持ちよさそうな斜面が広がります。

「・・・あぁ、ここ滑りたい」
ここでも後先考えない欲求と戦いつつ前進します。








IMGP3778・・・滑っちゃいました。
どうにも止まりませんでした。

仕方なく登り返して山頂を目指します。









IMG_6148放山の山頂です。
スキー場トップからゆっくり登って1時間半。
実に気軽に来られる場所なのに、この迫力ある景色。

この写真の真ん中、わずかに噴煙が上がっているのが活火山の「焼山」です。その左に白く美しい「火打山」。頚城山群のワイルドな山並みが目の前にばば~んと広がって、圧倒されます。

噴煙を上げる焼山の景色を見ていると、なぜか私の頭の中で「はじめ人間ギャートルズ」のテーマソングが流れます。なぜか毎回。

IMG_6157登ってきた方面を振り返ると、険しい「権現岳」が。
ゲレンデトップからわずかな登りで到達できる放山は、山頂往復だけなら半日仕事です。
でも、山頂直下にもこんな斜面がそこかしこに広がっているので、滑っては登り・・・ゆっくり遊んでからゲレンデに戻ると楽しいです。







IMG_6162私たちはゲレンデトップには戻りません。お天気さえ許せば、そのまま稜線を縦走して笹倉温泉に下山する山越えツアーをします。
この日もこのお天気。笹倉温泉まで行くに決まっています。

放山から空沢山~火打山とつながる稜線を辿りますが、ここでステップソールスキーが活躍します。
焼山がどんどん近くなっていきます。

・・・ゴンゴン、ゴンゴン♪
この時私は頭の中で鳴る「はじめ人間ギャートルズ」に合わせて足を動かします。

IMG_6185稜線歩きが終わり、笹倉温泉に向かって滑り始めます。すばらしい景色。












IMG_6245稜線から山腹斜面を滑ってきました。こんな所です。
とても楽しいので、時間にゆとりあれば登り返して滑ります。










IMG_6238奥に日本海が見えています。
海が近い!
・・・だからこんなに豪雪なのですね。











IMG_6284稜線直下の広い山腹斜面から、笹倉温泉に向けて下る尾根に取り付いてどんどん下ります。
ここ、尾根を間違えるとやっかいな事になります。










IMG_6289尾根に入ると急斜面も出てきますが、楽しい滑りが続きます。












IMG_6309どんどん下って杉の植林帯に入って行きます。













IMG_6330最後は棚田の脇を通ります。













IMGP7746里に下りて来ました。
笹倉温泉はもう目前です。

脇の斜面にはカタクリの花。雪解けの水音に春を実感します。








IMG_6345地元のおばさんが摘んだばかりのフキノトウを見せてくれました。












IMGP3930ツアー終了。
雪解け水でスキーを洗います。











山城屋 (1)放山ツアーの際にはいつも棚口温泉(ませぐちおんせん)の山城屋さんに泊まります。












IMG_6349春の日本海の幸と山菜料理が美味しいです。













IMG_6353名物の笹寿司やシーズンインしたばかりの紅ズワイ蟹が出ます♡












IMG_6358蟹大好きで実は蟹をむくのが得意な私。
みなさんに「カニ講習」をしています。












IMGP2606山代屋のまむし焼酎漬け山城屋さんのお母さん手作りの「マムシの焼酎漬け」です。
地元に伝わる民間療法で、打ち身や捻挫に効くとのこと。マムシの捕まえ方や作り方を聞いてびっくり。子供が怪我をし時、怖がる子供をこれ持って追いかけて塗るのよ・・・と聞いて、この家の子供に生まれなくて良かった・・・と思ったのでした。

それでも私も捻挫した時にこのマムシ液を分けてもらいました。・・・効いたような気がします。

RIMG0097能生2017-4解散後。
同じく蟹好きな参加者と「マリンドリーム能生」のかにや横丁へ蟹を食べに行きます。

1杯1000円~1500円くらいのもので満足します。
ツアー終わってからの時間なので閉店間際。いつもものすごくおまけしてもらい、結果的に一人2杯くらい食べることになります。

3月から解禁になる紅ズワイ蟹。
これも春の放山ツアーの楽しみです。