プログラムは全て予約制です。メールまたはお電話にて空き状況をご確認の上、お申込みください。
※レッスンご希望の場合はご相談ください。
ダイアモンドダスト=DD バックカントリーツアー=B.Cツアー


IMG_75302020八甲田&酸ヶ湯ツアー

4/25(土)~28(火)

ツアー① ステップソールツアー
4/29(水)
オプショナルツアー 岩木山B.Cツアー
5/2(土)~6(水)
ツアー② B.Cツアー




IMG_8101
個定的なピークが連なり、斜度のある大きな斜面を楽しめる北八甲田。のびやかな稜線に現れる大斜面、人出も少なく山深さと静けさが味わえる南八甲田。ダイアモンドダストの八甲田ツアーは北八甲田、南八甲田の両方に出かけます。


ロープウェーを使うルートにはあまり出かけません。酸ヶ湯から直接入山して硫黄岳、大岳、箒場岱、小岳~猿倉温泉入り口、高田大岳~谷内温泉など、南八甲田では笠松峠から入山して猿倉岳、駒ケ峰、櫛ケ峰、猿倉温泉から入山して猿倉岳、乗鞍岳、城ケ倉大橋から入山して横岳などに出かけます。
写真=南八甲田駒ケ峰を滑る。

八甲田櫛ヶ峰ほどよくスキーをして、下山後は酸ヶ湯の玄関前で打ち上げをして、温泉を楽しむ夢の毎日。悪天候で山に入れない時のために室内講座などサブプランもご用意しています。

ツアー①はステップソールスキーツアーです。登りが続く場所はシールも併用いたします。アップダウンが続く稜線はステップソールの出番です。先シーズンは横岳から櫛ケ峰の南八甲田縦走ツアーを行いました。今シーズンも行きたい! 
ツアー②はいつものB.Cツアーです。今シーズンも高田大岳を目指します!

写真=南八甲田櫛ケ峰の大斜面。あれを滑ります!

IMGP7228駒ヶ峰2017-5-1ツアー①②の間にオプショナルツアーとして岩木山ツアーを行います。酸ヶ湯から日帰りで出かけます。

八甲田へ行かずして、春スキーは語れません。
この春は・・・この春も・・・八甲田へ出かけましょう!
ツアー①②の連続参加大歓迎!

写真=南八甲田駒ケ峰を振り返る。


IMGP8349詳細な資料がありますのでご請求ください。
また、【バックカントリーツアー】→ 「バックカントリーツアーのご案内」「ツアーの参加条件」もご覧ください。
http://diamonddust.blog.jp/archives/13373729.html

写真=ツアー終了後、酸ヶ湯の前で打ち上げ! 
生ビールも名物・しょうがみそおでんもソフトクリームもあります♪






IMG_84585/9(土)~11(月)
鳥海山ネイチャースキーツアー
ダイアモンドダストの春の2大ツアーが「八甲田」と「鳥海山」。こんなに春スキーが楽しい山はありません。特に鳥海山は、日本においてこんなに大斜面を有する山をほかに知りません。

冬の間はとてつもない豪雪に阻まれ、近づくのも大変な鳥海山にやっと春が訪れます。
下界は新緑真っ盛り。お天気が良い日は春というより初夏の様相です。田んぼに水が入り、その水面に白い鳥海山が写ります。下界がすっかり春になっても、鳥海山はまだまだたっぷりの雪を蓄えています。鳥海山のスキーシーズンはこれからなのです。
写真=鳥海山の象潟側、鉾立から入山し鳥海ブルーラインに向かって滑ります。下界は新緑、右端の海に浮かぶのは男鹿半島です。

IMG_8399ダイアモンドダストではG.Wの八甲田ツアーが終わったら鳥海山シーズンが始まります。毎年約2週間滞在して、ツアーを2回行います。
その一つ目がステップソールスキーで行うネイチャースキーツアーです。

鳥海山は数あるピークの集合体です。いくつもピークがありそれぞれ魅力的ですが、ネイチャースキーツアーでは七高山などの高みは目指しません。鳥海山ならではの大斜面の良いところだけ登って滑って遊びます。また、山腹のぶなの森・・・芽吹いたばかりのぶなの森でも同様に遊びます。

写真=同じく象潟側、笙ケ岳に向かって緩い斜面を登ります。

IMG_8338ランチタイムにはフキノトウを摘んで雪上天ぷらも行います。
これは鳥海山ネイチャースキーツアー恒例のお楽しみ♪
それ故にこのツアーは別名 “ 鳥海天ぷらツアー ” と呼ばれています。

写真=これ目当てでご参加の方も多いツアーの名物。揚げたて最高です!




IMG_8472残雪たっぷりの真っ白な山肌と、下界から這い上がる新緑のコントラスト。振り返ると日本海に浮かぶような飛島・・・。
春の鳥海山の瑞々しい景色に心洗われます。
春の陽光と豊富な残雪。大斜面でのスキーは爽快・愉快以外の何物でもありません。

滞在は鳥海山ツアーの際の定宿、象潟の小滝集落にある旅館です。季節の山菜料理や海の幸のお料理が美味しいです。
その宿がある集落の春の風景もステキで、季節を変えて訪れたくなるお宿です。

土日だけのご参加も可能です。ご相談ください。

詳細な資料がありますのでご請求ください。
~ネイチャースキーの楽しみ・遊び方~ こちらもご覧ください。
http://diamonddust.blog.jp/archives/34909845.html




7月鳥海山5/15(金)~17(日)

鳥海山B.Cツアー
鳥海山2つ目のツアーは大斜面を心ゆくまで滑るB.Cツアーです。
鳥海山の数あるピークの中から、その日のお天気やコンディションなどにより行先を決定いたします。

①祓川登山口から七高山、②鉾立登山口から文殊岳、③鉾立から御浜神社や鳥海湖、④鉾立から笙ヶ岳、などが行先候補です。

写真=象潟側鉾立から入山、文殊岳を滑る。

12月鳥海山夕方まで丸一日お天気が良くて、夕日が見られそう・・という日には、日本海の夕日に向かって滑る「サンセットスキー」を行います!
この景色の中で滑ることができれば、一生の想い出になります!

写真=笙ケ岳から日本海に向かって滑る。飛島が浮かんでいます。


鳥海山

土日だけのご参加も可能です。ご相談ください。

詳細な資料がありますのでご請求ください。
また、【バックカントリーツアー】→ 「バックカントリーツアーのご案内」「ツアーの参加条件」もご覧ください。
http://diamonddust.blog.jp/archives/13373729.html

写真=祓川から入山して七高山を目指す。






100立山5/23(土)~24(日)
北アルプス・立山打ち上げツアー
5/25(月)
プラス1デーツアー
今シーズン最後のB.Cツアーです。

このツアーはステップソールスキーで行います。
登り場続く場所ではシールも併用いたします。

写真=東一の越からタンボ平へと滑る。


IMG_8872きりりと聳え立つ剣岳や立山連峰、雲海の向こうには白山、夕焼けの日本海・・・。アルプスの圧倒的な高山の景色はやはり別格です。

ダイアモンドダストの立山ツアーは、浄土山や雷鳥沢など室堂・立山の数あるスキールートの中から、比較的緩やかなルートを選んで出かけます。
今シーズンを締めくくるツアーです。多くの方にご参加いただけるよう、敷居を低く設定しています。

写真=ライチョウがおすまししていました。

IMG_8897宿泊は日本一高所にある温泉「みくりがいけ温泉」です。
アフタースキーは石畳の絶景テラスで乾杯します♪

アルプスの迫力ある景観の中で滑り納めしましょう!

詳細な資料がありますのでご請求ください。
また、【バックカントリーツアー】→ 「バックカントリーツアーのご案内」「ツアーの参加条件」もご覧ください。
http://diamonddust.blog.jp/archives/13373729.html

写真=一の越から雄山谷源頭を滑る。