IMGP5481焼額山2017-4-164/15(土)~16(日)
この週末は奥只見の日向倉山のツアーのはずでしたが、予定変更して志賀高原でステップソールツアーを行いました。
土曜日は熊の湯スキー場でレッスンの班とツアーの班の2班に分かれての行動。レッスン班は今すぐツアーで使えるステップターンとジャンプターンの練習。ツアー班は熊の湯から笠ヶ岳周辺へ出かけました。
← 奥志賀のリフト3本を乗り継ぎほんの5分で焼額山の山頂IMGP5524焼額山2017-4-16
 

今日は全員で焼額山のステップソールツアーです。
志賀でのプログラムは例年3月いっぱいで終わりでしたが、最近は春の志賀高原の良さを見直しています。標高が高いからまだまだ雪があるし、少ない標高差と横の広がりで気軽にツアーができる志賀。春もツアーしないのはもったいないのでは?
・・・そんなこんなで今回のツアーです。
     焼額山山頂から竜王山に向かって滑り始めます →IMGP5598竜王山への登り2017-4-16


焼額山山頂には稚児池という池があり湿原になっています。夏は木道脇にウメバチソウとかモウセンゴケがきれいなところですが、今は全て雪の下。
だだっ広い雪原を歩き、竜王山に向かって滑り 、鞍部から竜王山に向けてわずかな登り返し。その後竜王山へのクラシックツアールートから外れて、奥志賀方面へと尾根を辿ります。

← 竜王山への緩い登り ステップならサクサク♪
IMGP5617竜王山~奥志賀2017-4-16

奥志賀への尾根の入り口で視界が開けました。焼額山の裏、岩菅山から秋山郷へと続く稜線、遠くに苗場山と山並みが続いています。本来ならとんでもなく山深い場所ですが、リフトのお陰で簡単に来ることができます。それが良いことなのかどうかはわかりませんが、今はその幸せを享受しようと思います。

             静かで山深い場所に居る幸せ →
IMGP5649竜王山~奥志賀2017-4-16


この尾根をどんどん滑ると針葉樹からブナの森に変わり、そのうちミズナラや白樺も現れます。とても静かで熊棚がいっぱいです。 


← ブナの森を快適に滑る



IMGP5691志賀ステップソールツアー2017-4-16 


一気に滑るのはもったいないので、途中でおやつタイムにしました。

ダイアモンドダストの春ツアーでは、おやつタイムがあります。スタッフ手作りのおやつ。
今日は暑くなりそうだったので「フルーツポンチ」。フルーツいっぱいのサイダーです。

                雪上で手早く作ります →
IMGP5696志賀ステップソールツアー2017-4-16 




← 暑かったので好評でした










IMGP5699奥志賀2017-4-16

           奥志賀の奥の森は熊棚がいっぱい →










IMGP5725奥志賀2017-4-16ブナの尾根を滑り、最後は沢に下りて沢を渡り、奥志賀ベースに戻ってツアー終了。
まだ時間が早いのでホテル・グランフェニックスのティールームで優雅な時間を過ごしました。


← グランフェニックスのティールームのケーキはシンプルだけど上質なお味