IMGP0872ニセコ2017ニセコパウダーツアー3日目。午前中はアンヌプリ大沢へ。ゲレンデからアクセス楽々の場所へはほとんど行きませんが、新雪が降ったらここへは行きます。
・・・ですがすでに時遅し。あっという間にギタギタになっていました。雪が少ないので藪もギャップも埋まっておらず快適とは言えませんでしたが、すばらしいお天気とこの景色!どっしり聳える羊蹄山も眺められました。
← ゲレンデのすぐ隣。ゲレンデトップからベースまで一気に下れる大沢はいつもならもっと真っ白。ちょっと残念

IMGP0929ニセコ2017
午後からは朝東京を出てきた後半のクラスの方たちが合流し賑やかになりました。
みんなで五色温泉へ。 五色温泉のある峠は東にアンヌプリ、西にイワオヌプリが聳え、上部急斜面から裾野の緩斜面までいくつもラインがとれるパラダイス。ここで何日でも遊べる大好きな場所です。
            今日から参加の方は元気いっぱい →
雪がちらついてきましたが滑るには充分。五色温泉周辺の斜面を登って滑って遊びました。
IMGP0931ニセコ2017

← 膝くらいのパウダーは底があって滑りやすい
今日の温泉は「雪秩父」。硫黄泉と鉄鉱泉の2つのお湯がありますが、今は汲み上げポンプの故障とやらで硫黄泉のみ。この温泉に入るとツアー中も帰ってからもしばらく硫黄の匂いが付きまといます。でも良いお湯です。
女湯の露店風呂には硫黄成分の泥が底に堆積するお風呂があります(男湯にはないらしい)。その硫黄の泥はとても滑らかで、お肌にパックするとしっとりピカピお肌になります。なのでいつもこの泥を両手ですくって顔に手に塗りたくります。その度に目に入り大騒ぎ。友人に洗面器に水を汲んできてもらっていました。その露店風呂入口には「目に入れないでください」の注意書き。・・・やっぱりいるんですね、目に入れちゃう人が。目のふちギリギリまでパックしたいからなのですけどね。