IMGP0770ニセコ20171/18(水)~24(火)はダイアモンドダストの厳冬期ツアーの定番・ニセコパウダーツアーです。最初の3日間は「ゆっくりペースクラス」。今日はその2日目です。
ニセコの魅力はヒラフスキー場やアンヌプリスキー場、モイワスキー場などから労力少なくサイドカントリーやバックカントリーに出られることです。
それは確かに魅力的なのですが、そういう場所は人が多くて・・・。
← 新見温泉から森の中を登り、台地に出たところ。穏やかで優しい森は滑りも楽しいです。IMGP0778ニセコ2017

私はできるだけ静かな場所でツアーを行いたいので、時にはそういう場所も楽しませていただきますが、基本的には楽にアクセスできて混み合う場所にはほとんど出かけません。
そんな私が好き場所が白樺山です。ヒラフやアンヌプリがニセコ連峰の東にあるのに対し、西にある静かな山。登山口に「新見温泉」というすばらしい温泉もあります。ヒラフやアンヌプリスキー場の外国リゾートの賑わいもここまでは届きません。
白樺山の本当の山頂はこの左奥 稜線からのメローな斜面 →
IMGP0804ニセコ2017                

この冬のニセコはびっくりするくらい雪が少ないです。大雪の長野から脱出してきたので拍子抜けですが、雪はとっても良いです。昨日も今日も20㎝くらいの新雪に恵まれました。新見温泉から登る森は藪が少々うるさいですが、稜線直下のオープンバーンは気分よく、森の中は新雪がふんわり積もり、実に楽しく滑れました。 
← 白樺山稜線直下の斜面を楽しんでます


                   
IMGP0851ニセコ2017
下山後はこれまた大好きな新見温泉へ。透明サラサラのお湯ですが効能豊か。効きます。経営が変わり、混浴露店風呂に男女の仕切りが付いたりいろいろと変わっていましたが、昼食がとれるようになったりその変化は好印象でした。

温泉の後は「反省会」です。その日のツアーを振り返り、感想を話し合ったり反省点を考えたり・・・。ま、要するに単なるおやつタイム(乾杯タイム)です。あんまり反省する人はいません・・・。
反省会でこんなスウィーツを食べる・・・、別の意味で反省していない私 →  
ダイアモンドダストのニセコツアーはツアーはもちろんですが、アフタースキーも楽しみます。滞在先もツアーの行先も静かなところを好むくせに、こういう時間はフラフラとヒラフの繁華街(?)へ出かけてしまうのです。スウィーツ&コーヒーの人、ビール&フライドポテトの人、それぞれ 楽しみました。